美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
イワシャジン
頂いた鉢植えのイワシャジンが満開です。細い葉も茎も、濃い紫色に変わりました。

ミヤマリンドウ
紫と言えば、トリカブトが終わった今はミヤマリンドウが目につきます。

ミヤマリンドウ (2)
肉眼では花びらの上の方に白い星が沢山見えますが、写真を拡大するとなぜか黒っぽく見えます。

ヤクシソウ
ずいぶん遅いコウゾリナ、と思って触ったら、茎に毛がなく滑らかでした。

ヤクシソウ葉
赤紫色の茎、葉のとげとげと花期からヤクシソウと判断しましたが、葉がちょっと細い気もして、謎が残ります。

ヒトツバカエデ
ヒトツバカエデの黄色は透明感があって、ひときわきれいです。

一昨日からずっと雨と濃い霧、せっかくの紅葉が十分楽しめず残念です。

by pu-

[2017/10/16 00:06] | 未分類
トラックバック:(0) |
シャツ1枚で歩いても汗ばむような気温が続き、先週の寒さが嘘のようです。
今日は風が強く、雲が美しい日でした。

雲と紅葉
頂上公園から八ヶ岳方面

DSCN3919.jpg
物見石山方面。こうして見ると、年々木が伸びて家々が隠れていくのがわかります。

DSCN3888.jpg
紅葉のクライマックスには、もう少しでしょうか。

DSCN3885.jpg
10街区と15街区の間のこのあたりは、もう素晴らしい色彩です。


DSCN3870.jpg
今年の梅雨時に樹皮を剥いたヤマブドウが、真っ赤に紅葉していました。
樹皮を剥いても枯れることは滅多にありません。ただ他より紅葉するのが早く、色も濃いような気がします。

明日からしばらくぐずついたお天気が続くようです。
順調に染まってきた木々はどうなるのでしょうか。

by pu-

[2017/10/11 23:08] | 未分類
トラックバック:(0) |
昨日は日中でも5℃、夜は2℃でした。今朝私が起きる前は当然マイナスだったのでしょう。
ベランダにスズメバチが数匹動かず止まっていました。死んでいるのかと思いましたが念のため殺虫剤をかけてみたら、動いて今度こそ死にました。寒さで動けなくなっていたようです。巣の表面にも蜂の姿はありません。

ツタウルシ
カラマツ林のツタウルシが鮮やかです。

ツタウルシ2
葉が3枚でいち早く紅葉するのは、ツタウルシと考えて間違いなさそうです。
私はかぶれたことはありませんが、結構危険な植物らしいです。触ればもちろんのこと、弱い人は下を歩いただけでかぶれると聞きます。会員の方にも、伐採でかぶれた方がいらっしゃいます。ご注意を。

ツリバナ紅葉
ツリバナの紅葉も早いです。

モミジは、早いのや遅いのやいろいろ。
シラカバにモミジ

毎日少しずつ色づいていきますが、大きく見るとまだこんな感じです。
今日の紅葉

夏に陽射しが少なくちゃんと色づくのかと心配しましたが、大丈夫そうです。

by pu-

[2017/10/05 22:40] | 未分類
トラックバック:(0) |

紅葉が始まっています。
でも夕べからの強い雨と風で、散った葉も多かったのではないかと思います。

DSCN3772.jpg
多分7月終わり頃にでき始めた、スズメバチの巣。気が付いた時には直径10センチ以上になっていて、今は30センチ近くありそうです。ベランダから5メートルほどの高さです。
Mさんにみてもらったら「下りちゃ来ねえからほっときゃええ」ということでした。確かに蜂は高い所を飛ぶだけでめったに下りては来ません。一応バズーカジェットという12メートル飛ぶ殺虫剤を用意してありますが、巣の入り口を狙うのは難しそうですし、大きくなり過ぎました。
活動するのはもうそれほど長くはなさそうですから、このまま無事にいくことを願っています。


ホソバノツルリンドウ1
キノコ園入口の左側崖に這う、ホソバノツルリンドウ。長野県の準絶滅危惧種です。

ホソバノツルリンドウ2
毎年花を見逃してしまうのですが、3日前に蕾を見ることができました。
ちょっと探しただけで6株見つかりましたので、もっとありそうです。来週は開いた花も見られることでしょう。

ノブキ
キノコ園入口に、ノブキ。湿った山道の脇や谷川沿いに生えるそうです。

今5℃。明日の朝は寒くなるそうです。

by pu-

[2017/09/28 23:13] | 未分類
トラックバック:(0) |
ヤマラッキョウ
上下テニスコート間の草原にヤマラッキョウが多数咲いていました。池の平湿原などで見たことがありますけれど、美しの国では初めてのような気がします。下に見えるウメバチソウも、ずいぶん増えました。

シラヤマギク
7街区で見つけたシラヤマギク。

シラヤマギク花
キク科の花はこの時期たくさんあって見分けが難しいのですが、シラヤマギクは花弁が少なくまばらなのですぐわかります。あちらこちらに自由に向いた花弁が楽しいです。

トリカブト1
8街区のヤマトリカブト、私より高くて、すくっと自立しているのに驚きました。この間の台風もこの姿でやりすごしたなんて、信じられません。

トリカブト3
たいていはこんな風に倒れています。ただ、茎は倒れても花は必ず垂直に立ち上がってくるようです。

トリカブト2
池の鯉が口を開けて集まってきたところを連想します。
花粉にも毒があるのでトリカブトが自生する場所や季節の養蜂は避けるそうですが、蜂蜜での中毒例もあるそうです。その巣の蜂は大丈夫だったのでしょうか。

by pu-

[2017/09/21 22:34] | 未分類
トラックバック:(0) |