美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
美しの国も暖かい日々です。今日は10℃を上回りました。
今日
林の中は場所により雪があったりなかったりですが、道路はどこもすっかり乾いています。

フキノトウ
もうフキノトウが出ていて、驚きました。例年より半月近く早いようです。

林の中に、大きい貝柱のような物体が点々と。何だかおわかりでしょうか?
逆足跡うさぎ

逆足跡テン
上がウサギ、下がテンの足跡です。
足跡と言っても雪面から4~5cm盛り上がっているので、私は逆足跡と名付けました。
強風の後、もっと低いものは見たことがありますが、これほどの高さのものには初めて遭遇しました。
多分、雨か高温のために圧雪された足跡以外の雪が融けて、足跡より低くなったのでしょう。(強風の時は粉雪が吹き飛ばされて、圧雪された足跡だけ残ります)足跡自体数cm窪んでいたはずですから、かなりの雪が融けたようです。

鳥とテン
テンの足跡と、少し大きめの鳥の翼の跡です。鳥の翼の跡は珍しく、何があったのかはわかりませんが、平和で穏やかな状況でなかったことだけは窺えます。何となく胸騒ぎを覚えるような現場です。

リス?
これは、このあいだ頂いた写真の中の1枚で、リスのようです。4つの足が、こんなにきれいにはっきり残った足跡は見たことがありません。ちなみに上が後ろ足、下が前足で、ウサギと同じく前後が反対です。
こんなに細かい部分まで見えると、とてもいとおしい気持ちになります。

by pu-

[2018/03/14 23:39] | 未分類
トラックバック:(0) |


tks
雪の上に窪んで印されていたけものの足あとが、逆に雪面から浮き上がって現れるとは。説明を読むとなるほどとわかりますが、滅多には見られない現象ですか。注意深い観察の成果なのでしょうね。


pu-
強風の後はたまに見られます。足跡のついた時間・雪質・風の強さなど、様々な条件が関係するのだと思います。
でも今回は強風ではなく雨と暖かさが影響しているようで、珍しいと思いました。



コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
雪の上に窪んで印されていたけものの足あとが、逆に雪面から浮き上がって現れるとは。説明を読むとなるほどとわかりますが、滅多には見られない現象ですか。注意深い観察の成果なのでしょうね。
2018/03/23(Fri) 10:47 | URL  | tks #-[ 編集]
強風の後はたまに見られます。足跡のついた時間・雪質・風の強さなど、様々な条件が関係するのだと思います。
でも今回は強風ではなく雨と暖かさが影響しているようで、珍しいと思いました。

2018/03/23(Fri) 23:22 | URL  | pu- #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: