美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
昨年の自然観察会に来て下さった、佐久穂にある千住院の住職さんに、トガクシショウマが咲いていると教えていただきました。
千住院には毎年1回野草の観察会に行っていますが、いつももっと遅い時期なので、他にも珍しい花が見られるのではと思い、昨日行ってみました。
思った通り様々な花が見られたのに、カメラのバッテリー切れという痛恨のミスをし、ピントの合わないスマホで苦労しました。

池の脇、薄暗い中にトガクシショウマ(別名トガクシソウ)が優雅に咲いていました。
トガクシショウマ
残念ながらみんな池の方を向いているので、後ろから眺めるだけでしたが・・・

ニリンソウ
ニリンソウ。渓流コースのニリンソウもそろそろでしょうか。

イワヤツデ
タンチョウソウ、別名イワヤツデ。崖の岩の間に群れ咲いているのは壮観でした。

レンプクソウ
レンプクソウ、別名ゴリンバナ。頭頂部に5輪の花をつけますが、集まっても直径6ミリほど。黄緑色ということもあり、目立たないことこの上ない花です。

センボンヤリ
センボンヤリ、別名ムラサキタンポポ。花弁の外側が紫ということですが、気づきませんでした。葉はロゼッタでタンポポに似ています。春と秋、2回花をつける珍しい花です。

ワダソウ
ワダソウ、別名ヨツバハコベ。「ワダ」は、和田峠に由来するとか。花弁は5枚のはずですが、これは4枚でした。可憐な花です。

イカリソウがあちこちにたくさん咲いていました。
他にも、ヒトリシズカ・フッキソウ・シラネアオイ・カタクリなど、ここは山野草の宝庫です。
もう少しすれば、純白でいかにも気高い、オオヤマレンゲが咲きます。
興味のある方は、ぜひいらしてみて下さい。

by pu-

[2018/04/24 23:51] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: