FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
一昨日の銀世界は、一夜明けると青空に映えて更に美しくなっていました。


DSCN6324.jpg
頂上公園へ。

DSCN6327.jpg

DSCN6341.jpg
頂上公園が特に美しいのは、霧氷に吹き付けて凍った雪の量が多いためと分かりました。

草にも。
DSCN6328.jpg

DSCN6331.jpg
八ヶ岳の向こうの雲海が眩しく光っていました。

DSCN6329.jpg

DSCN6338.jpg
浅間山

DSCN6326.jpg
風が吹くとはらはらと落ちていきます。午前中限定の絶景でした。

by pu-

[2018/12/14 23:01] | 未分類
トラックバック:(0) |


tks
今朝、東京も久しぶりの快晴でした。富士山もほぼ全山真っ白に輝いていました。新雪の「頂上公園」からの鮮やかな景観、なつかしく眺めました。ありがとうございます。

コメント:を閉じる▲
今朝のテレビでは、今期初の最強寒波が上空1500メートルにあり・・・と言っていましたが、1500メートルのここは昨日の朝より10℃以上高くなりました。夕べ雪が降り始めた時もぎりぎりマイナスで、朝には雨になってしまいました。

せっかくの雪もほぼ融けました。

ところが午後になると一転吹雪となり、止むと霧が出て気温はマイナスに。
DSCN6293.jpg
窓から。吹雪のせいで木が白いのかと思いましたが・・・

DSCN6297.jpg
歩いてみると、霧氷でした。

DSCN6298.jpg

DSCN6299.jpg
昨日のフロストフラワーは消えてしまいましたが、また違う美しさです。

by pu-

[2018/12/12 23:00] | 未分類
トラックバック:(0) |
スキー場
先週金曜、蓼科山の白樺国際スキー場はまだこんな状態でした。人工降雪機はマイナス3℃以下でないと撒けないと聞いたことがあります。

スキー場2
週末から寒くなり、日曜には雪煙があちこちに見え、フル稼働しているのがわかりました。

苔に雪
ここ3日ほどは日中でも氷点下です。
一昨日と昨日はうっすらと白くなりました。
雪の結晶は大きく、歩きながら形がわかるほど。

枯草に雪
きれいな結晶を見つけたくて、気づいたら下ばかり見て歩いていました。

フロストフラワーできかけ
せせらぎコースの上部、いつもの場所で今朝フロストフラワーができかけていました。

長いもので1cmほど。
フロストフラワーできかけ2

今、やっと本格的に雪が降り始めました。
明日は雪景色の写真をお届けできそうです。

by pu-

[2018/12/11 18:33] | 未分類
トラックバック:(0) |
初雪からもう半月経つというのに、昨日は美しの国でも10℃以上ありました。

ズミの実を食べる犬
潰れたズミの実がたくさん落ちていたら、犬が夢中で食べ始めました。ミヤマザクラの実を食べることはありましたが、これは初めてです。あまりにも美味しそうに食べるので好きにさせてしまいましたが、今日お腹がキュルキュル鳴っているのはこのせいかもしれません。

雨滴散布
カップの直径5ミリ位、何だかわかりませんが、草ではなく地衣類のように思えます。
雨滴散布の標本のようです。ただネコノメソウやフデリンドウなど晴れの時は閉じているのに、これは全開なのが妙な感じです。

種
肉眼では見えませんでしたが、シイタケの笠のような種がぎっしり。

空っぽ
もう空っぽのカップもありました。

ワイン
前号Dear Friendsでご紹介した、中川さん作のブドウがついにワインとなりました。塩田の現金屋さんなどで手に入ります。
どんな味わいなのでしょうか。楽しみです。

by pu-

[2018/12/05 00:50] | 未分類
トラックバック:(0) |
昨日も今日も8~9℃と暖かく、20日のわずかな初雪以来、雪は気配もありません。
毎年雪が積もったらヒマワリの種を出すことに決めているので、わかっているのか小鳥達もやって来ません。

雪の中のリスを撮影したくて、秋にクリとオニグルミを拾っておきました。


DSCN6190.jpg
以前は買っていたのですが信州産のクルミは高いので、この樹を見つけた時は嬉しかったです。
ところが最初に拾った20個ほどの果肉を腐らせるため庭に置いておいたら、2日後には全部なくなっていました。
殻もなかったので、多分リスがどこかに運んで行ったのだと思います。仕方がないのでもう一度拾ってきて屋内で果肉を取りましたが、面倒な作業でした。
こんな苦労をしたのですから、可愛い姿を見られることを期待しています。

実といえば、今年初めてツノハシバミの実を食べてみました。
その時はブログに書けなかったので、遅れましたが今書きます。

DSCN1063.jpg
9月中旬頃あちこちで生っています。
子どもの頃、中東かどこかの王子さまが壺にはいったハシバミの実を取ろうと手を入れたら抜けなくなり(たくさん握りしめていたから)・・・というお話を読んで、「ハシバミの実」がどれほど美味しいものかと想像していました。
これで60年間の疑問と憧れが解決する・・・と調べてみたら、ツノハシバミとハシバミは違うことが分かりました。
がっかりしましたが、食べられることは確かだそうです。

毛がチクチクするので、まずロースターで焼きました。
ツノハシバミ
だいぶ小さくなりました。

皮をむくと、長さ1センチもない種が出てきました。
ツノハシバミ種
これを炒って、剥きました。

ツノハシバミの種2
長さは7mmほど。種の、核というものでしょうか?
香ばしくて、ヘーゼルナッツのような味でした。美味しいのですが、小さいし手間がかかりますので、多分2度目はありません。

ツノハシバミ、ドングリ、トチの実などたくさん落ちていた実が、今は全然ありません。誰かがせっせとどこかに貯えているのでしょう。

by pu-

[2018/11/28 18:26] | 未分類
トラックバック:(0) |