fc2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
我が家の前に見慣れない足跡がありました。
ネコ

ネコ2
キツネにしては、横長だし足跡の後ろに伸びる引きずる線もないし・・・と考え、その前日に窓からネコを見たことを思い出しました。一瞬だったので見間違えかとも思ったのですが、確かにこれはイエネコの足跡です。もしかしたらどこかで飼われているのかも知れません。結構広い範囲を歩き回っているようでした。以前のブログでも書きましたが、イエネコは生態系を壊しますのであまり外に出して欲しくないと思っています。
  3年前のブログ イエネコ

せせらぎの表面はほとんど凍って、下を流れる水の音が微かに聞こえるだけです。
凍るせせらぎ

でもせせらぎの上の方、10街区の上部から15街区あたりはまだ流れる水が見えます。
フロストフラワー2
よく見ると一つ一つに羽毛状の小さなフロストフラワーがついています。

せせらぎの最上部にはもう少し長いフロストフラワーが見られました。
フロストフラワー
霧の時よりはずっと控えめなフロストフラワーです。土中を流れて来た水と気温の、温度差でできたものでしょう。
これを見るといつも、自然の造形美に敵うものはないなと思います。

by pu-

[2023/12/26 22:09] | 未分類
トラックバック:(0) |
今朝までの雪は1~2㎝で、うっすら白くなる程度でした。シーズン券を買ったスキー場も再度オープンしましたが、まだほんの一部のコースしか滑れないので行く気がしません。北海道や日本海側ほどの大雪ではない、程よい降雪が待たれます。
ABさんから、リクエストした風景画を送っていただきましたのでご紹介します。


「12/17に山頂まで行ってきたのでその時の風景です。風が強くておまけに下山時には小雪も舞い始めてしまい、北アルプスも見えず、1848m峰のバックの蓼科~八ヶ岳も雲の中でした。」

物見石
物見石phS

1848峰
1848峰S

by AB

積雪はほとんどなくうっすら積もっている程度で、日陰の登山道は凍結している所が一部あったそうです。
物見石の絵、ピンクの枝とクマザサの緑が美しいですね。
1848峰、見ていても小雪と強風に襲われている気分になります。色合いは温かいのに、寒い絵です。
予想通り、風景画も本当に素敵です。ありがとうございました。
by pu-

[2023/12/21 21:23] | 未分類
トラックバック:(0) |
先週末の暖かさから一転、急激に寒くなりました。我が家は風通しが良く梅雨時でも80%を超えることはありませんが、エアコンやFFヒーターをずっと稼働する冬は常にからからです。特に吹き抜けのリビングは、加湿器を2台つけていても今週はLOのままで数値も出ません。洗濯物を部屋干ししても時々木の壁に直接水をスプレーしても、なかなか湿度が上がりません。結露するのは浴室くらいなのでカビの悩みがないのは嬉しいのですが、毎冬の悩みです。

先週末の強風は強烈で、隣の敷地で大きな白樺の幹が折れるのを見ました。
内窓の注意書きに書いてありますので、怖いくらいの風の時はいつも少し開けるようにしています。
インナーサッシ説明書
今回も夜中に風の音で起きてしまい、家中の内窓を開けて回りました。

ところが翌朝・・・
外のサッシ凍結
外窓の内側が結露して、凍っていました。この後内窓を開けておくべきか閉めるべきか悩みましたが、閉めておいたら少しずつ氷が消えてきて安心しました。ただこの窓だけ数日経っても変わらず、削り取るべきか迷っています。大工さんでも実践していないと聞きましたから、脱落なんて滅多にないのでしょう。冬は開けないのが正解のようです。

頂いたシモバシラに、霜が見られました。
シモバシラ
枯れた茎の吸い上げた水分が凍りつき、茎のまわりに霜柱のような氷柱を作ることが植物の名前になっているそうです。他の植物でも見られるということですが見たことがありませんので、さすがシモバシラだと思います。

大きな足跡がありました。
アナグマ?
靴跡と比べると大きさが分かるのではないでしょうか。歩行パターンや爪の長さなど見比べ、消去法でアナグマが残りました。

アナグマ?2
冬にアナグマや足跡を見ないのは冬眠するからだと、ずっと考えていました。
でも、体温を5℃以下に下げて冬中眠って過ごす冬眠とは違い、平温より5℃ほど下げ眠ったような状態で冬を越すだけだそうです。これは冬ごもりと言い、クマと同じで、音やにおいなどの刺激で目覚めることがあるそうです。
一時は寒くなりましたので一回冬ごもりに入ったのか、まだだったのかは分かりません。雪の中で活動するアナグマも見てみたいです。

by pu-

[2023/12/18 22:29] | 未分類
トラックバック:(0) |
昨日の雨氷は、日陰や大きな木の下には今朝も沢山落ちていました。気温が低いので、このまましばらく残るのかも知れません。
しばらくぶりにABさんから絵を頂きました。

木のみMIX


小鳥MIX

by AB



下のヤマガラは今までなかったタッチで、面白いですね。冬は少し時間が取れそうとのことなので、ずっと見たかった風景画をリクエストしました。チャレンジして下さるそうなのでご期待下さい。
夕べのABさんからのメールで、忘れていたふたご座流星群を眺めました。我が家から(寒いので部屋から)はふたご座の方を広く見ることができないため、北側を見ました。それでも10分ほどの間に8個も流れるのを見ることができて満足です。
今晩は曇っていてほとんど星は見えませんから、思い出させて下さったABさんに感謝しています。
by pu-


[2023/12/14 22:04] | 未分類
トラックバック:(0) |
今朝、カーテンを開けて最初に感じた違和感はベランダに張ったネットでした。朝日を浴びてきらきら輝いています。
ネットに雨氷

次に、ハウチワカエデの木。
カエデに雨氷

ここでやっと、夕べ雨氷が降ったことに気が付きました。
2016年1月末の大規模な雨氷では木々が惨憺たる有様になってしまいましたけれど、この程度の雨氷なら心配はありません。
雨氷で光る木

車の窓に雨氷
車の窓も氷で覆われていましたが、今回はハンマーで叩くまでもなく、陽を浴びて融けていきました。

落ちた雨氷
木の雨氷は次第に落ち始め、11時頃にはザーザーと激しい雨のように降り注ぎました。地面に当たると四方八方に跳ねて、なかなか面白い眺めです。大きいものが頭に当たると、結構な痛さでした。霧氷の場合も同じように降ってくるのですが軽く、地面は白くなります。

枝についていた、雨氷の外側
雨氷の表側

ひっくり返して、雨氷の裏側=枝側です。
雨氷の裏側

この雨氷、美しの国全体ではなく、南東の見晴らしコース側の方で見られました。災害は困りますが、ガラスの森のような風景をまた見たいものです。更に何かに着地して凍る瞬間も、一度は見てみたいと思っています。

by pu-

[2023/12/13 22:54] | 未分類
トラックバック:(0) |
この所、昼でも零度に届かない日があります。その上昨日のような強風の日は、散歩も躊躇してしまいます。私の場合犬を飼っていなければ、冬中家でぬくぬくしているだけかも知れません。健康に貢献してくれている、愛犬に感謝です。
とは言え春や夏ほどの距離は歩かないので、ごんとうちゃんさんやABさんともしばらくお会いしていません。
なんとごんとうちゃんさんは、この1週間あまり一歩も散歩していないそうです。その理由は下記に。


 「 支障木の伐採とチェンソー調整 」

本日、12月3日です。少し雪が降りましたが、我がホームゲレンデ 、菅平はサッパリ降雪せず、ヤキモキしています。
 さて、家を建てて20年以上になりますが、最初可愛かった樹木が高く成長し、家の脅威になってきています。強風が吹くと、枝が屋根を叩いてしまうほどになってしまいました。そこで、思い切って、家の周りの木を粗方伐採することにしました。第一陣として、家の東側のホソエカエデとシラカンバを小山林産に伐採していただきました。写真では分かりづらいですが上が伐採前、下が伐採後です。
伐採前

伐採後

 ホソエカエデは我が家でいちばん綺麗な紅葉の木で残念だったのですが、家の保全には代えられません。せめて薪にすべく、自分で玉切りをしました。
玉切り

 切りながら、何か焦げ臭いと思っていると、ソーチェーンが焼きついてしまいました。それでも、騙し騙し切り続け、毎日の作業が終わると、チェンソーを分解して、掃除したり、目立てをしたりしましたが、一向に改善しません。オイル供給が問題かも、と気づいたのがほとんど玉切りが終わる頃で、ネットやyoutubeで調べ、なんとなくチェンソーのオイルポンプの仕組みを理解しました。詰まりだけなら、なんとかなると思い、オイルポンプを掃除することにしました。
 チェンソーの種類は、マキタの電動式チェンソーMC350です。20年以上前に購入した代物です。カバーをとった写真です。矢印の部分からオイルが出てきます。
カバー下

 次にスプロケットを外したところです。矢印の白い部品がポンプです。中央の白いリングがピストン部分です。2枚目の写真はスプロケットの裏側のギア部ですが、矢印の楕円形のギアがピストンを上下させます。このポンプを外してみると、配管の一部にゴミが詰まっていました。
オイルポンプ

ギア部
 
針金で詰まりを取り除き、組み上げて作動させると、ソーチェーンの先から新聞紙にオイルの噴き出しが確かめられ、無事復活したことを確認しました。もっと早く気づけばよかった。少しでもおかしいなと思ったら、きちんと調べることが重要です。
オイルの噴き出し

 以上ですが、枝の整理や、玉切りした木の薪割りもしなければいけませんし、もうすぐスキーシーズンに突入です。また、来年の雪解け時分には家の南側の支障木の伐採も待っていますので、散歩する余裕が無くなると思います。ということで、ブログへの投稿はしばらくお休みさせていただきます。

by ごんとうちゃん


今年もごんとうちゃんさんは沢山の記事を書いて下さいました。内容も興味と共にどんどん広がっていくので、驚くと共にとても楽しませていただきました。おうちの中でも何か起きることはあると思いますので、春を待たず投稿して下さるのを願っています。
by pu-

[2023/12/04 17:17] | 未分類
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲