FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
昨日、アイピー主催の意見交換会がクラブハウスで開かれました。
オーナーの出席者は約20人。
簡単にご報告します。
まずクラブハウスにあるピアノは、昭和58年に東美ヶ原高原(株)が中古で購入したものと判明したそうです。今後修理可能な限り、定期的な調律や修理を(株)アイピー管理が行うということを確認しました。
また鹿の柵をこの別荘地外周に巡らすという計画は、旧武石村との間で結ばれていた自然保護協定に違反するということで長野県の認可が下りず撤回ということになったそうです。
どちらの問題も、アイピーがもっと慎重に順序立てて考え行動していれば、このように私達をを混乱させ振り回す結果にはならなかったはずです。
またオーナーの皆様や美しの国クラブの意見に耳を傾ける姿勢があれば、もっと早く解決していたと思います。
来月クラブとアイピーとで行う定期連絡会では、同じようなことが今後起こらないよう、きちんと話し合う必要があると考えています。

それにしてもグランドピアノという重要な資産について、「誰かが置いていったらしいと会社全体で言われていたから・・・」なんて、一企業が「村の言い伝え」的な感覚で運営されていることに驚いてしまいました。
また鹿の柵は高さ2メートルと担当者から聞いてこのブログでもお伝えしましたが、実は1メートルだったそうです。ここの雪はシーズン中軽く1メートルは積もることを、ご存知ないのでしょうか。

一応の解決を見たとはいえ、私には多くの疑問と不信感と不愉快な感情がしこりのように残ったままです。
同じ気持ちの方々に、下の写真が少しでも癒しになれば嬉しいです。
最近は雨や霧ばかりですから、これらは先月終わりから今月初めに撮影したものです。

雲海と朝焼け

朝焼け

雲海に朝日

朝焼け2

[2013/09/15 22:01] | 未分類
トラックバック:(0) |

お疲れさまでした
夕焼けも見ずに
夜中の3時まで資料作りお疲れさまでした。
お年寄りの非難もありましたが、こんな詩を思い出しました。

夕焼け:吉野弘

いつものことだが 電車は満員だった。
そして いつものことだが 若者と娘が腰をおろし
としよりが立っていた。

うつむいていた娘が立って としよりに席をゆずった。 そそくさととしよりが坐った。
礼も言わずにとしよりは次の駅で降りた。

娘は坐った。
別のとしよりが娘の前に 横あいから押されてきた。
娘はうつむいた。
しかし 又立って 席を そのとしよりにゆずった。
としよりは次の駅で礼を言って降りた。

娘は坐った。
二度あることはと言う通り 別のとしよりが娘の前に 押し出された。

可哀想に。 娘はうつむいて そして今度は席を立たなかった。
次の駅も 次の駅も 下唇をギュッと噛んで 身体をこわばらせて---。

僕は電車を降りた。
固くなってうつむいて 娘はどこまで行ったろう。

やさしい心の持主は いつでもどこでも われにもあらず受難者となる。
何故って やさしい心の持主は 他人のつらさを自分のつらさのように感じるから。

やさしい心に責められながら 娘はどこまでゆけるだろう。
下唇を噛んで つらい気持ちで美しい夕焼けも見ないで。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
お疲れさまでした
夜中の3時まで資料作りお疲れさまでした。
お年寄りの非難もありましたが、こんな詩を思い出しました。

夕焼け:吉野弘

いつものことだが 電車は満員だった。
そして いつものことだが 若者と娘が腰をおろし
としよりが立っていた。

うつむいていた娘が立って としよりに席をゆずった。 そそくさととしよりが坐った。
礼も言わずにとしよりは次の駅で降りた。

娘は坐った。
別のとしよりが娘の前に 横あいから押されてきた。
娘はうつむいた。
しかし 又立って 席を そのとしよりにゆずった。
としよりは次の駅で礼を言って降りた。

娘は坐った。
二度あることはと言う通り 別のとしよりが娘の前に 押し出された。

可哀想に。 娘はうつむいて そして今度は席を立たなかった。
次の駅も 次の駅も 下唇をギュッと噛んで 身体をこわばらせて---。

僕は電車を降りた。
固くなってうつむいて 娘はどこまで行ったろう。

やさしい心の持主は いつでもどこでも われにもあらず受難者となる。
何故って やさしい心の持主は 他人のつらさを自分のつらさのように感じるから。

やさしい心に責められながら 娘はどこまでゆけるだろう。
下唇を噛んで つらい気持ちで美しい夕焼けも見ないで。
2013/09/16(Mon) 12:57 | URL  | 夕焼けも見ずに #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: