FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
 昨日、物見石山に登り茂沢林道を歩いて帰るというルートに初めて挑戦してみました。

レンゲツツジ紅葉
 夏はずっと不安定な天候でしたから、山歩きは久しぶりです。
 美ヶ原に近づくとレンゲツツジの紅葉がきれいでした。
 花はほぼ終わっていましたが、ウメバチソウはあちこちで見られました。他には、ハクサンフウロとマツムシソウとヤマハハコが少々。

 コケモモの実も、まだちらほらといったところでした。

コケモモ


 舗装路に出て30分ほど下ると、雲渓荘方面と書いた、閉まっているゲートが現れます。
ここから入って、初めの1時間ほどは特に荒れたところもありません。

籠の石
沢の崩落を防いでいるのでしょう。こんな頑丈な石積みが2ヶ所ありました。
苔むして、不思議な風情があります。


茂沢林道1

 はるか上まで、落石防止の擁壁が。ここは幅も高さも、驚くほどのスケールです。
 残念ながらカメラがバッテリー切れだったため、携帯での撮影で思うように撮れませんでした。

茂沢林道2

 この上部の網は人力で固定したのでしよう。ほぼ垂直の崖で、気の遠くなるような作業だったと思います。
 この写真のちょうど真ん中あたり、白い看板のようなものがご覧になれるでしょうか。
 同行者のカメラで拡大すると、工事の年月日などが書いてありました。
 なぜあんな、誰にも見えないところに掲げたのでしょうか?


 さらに歩くとこのようなところが何ヶ所もありました。

茂沢崩落

茂沢倒木

他にも、足元をすっかりさらわれ宙に浮いたガードレールや、道の真ん中に鎮座する巨大な倒木などがあり、崖崩れの凄さが改めて伝わってきました。 
ここで更に落石防止工事をしても、もはや税金の無駄遣いに終わるだけでしょう。

 ゲートから白樺公園までおよそ3時間。ほぼ平坦か軽い下り坂の舗装路ですから歩きやすいようですが、山道だけより疲れました。今度歩くときは強行軍は避け、この道だけにしたいと思います。
 ほとんど通行がなく自然のままですから、夏に歩けば様々な花が見られて面白いかも知れません。
 なお熊避けの鈴は必携です。

by pu-

 
 
 

[2014/09/23 23:02] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: