FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
美しの国も、昨日と今日は暖房が要らないほどの暖かさです。今日は11℃まで上がり、道も乾いているところが多くなりました。

変な雲
これは一昨日の朝、東の方に見えた雲。レンズ雲を立てたような形です。関係あるかどうかはわかりませんが、この夜は猛烈な風が吹きました。

昨日の月曜日、スノーシューで小沢根の頭まで歩くことにしました。
我が家の脇から遊歩道にはいり登り始めましたが、下駄のようにスノーシューの歯に雪がついて、重いこと重いこと・・・
なんと頂上公園まで1時間近くかかりました。

標識
足元に何かあると思ったら、標識でした。

カンバタケ
頂上公園に1本の枯れた白樺が。パンのようなキノコが20個ほど生えていました。割ってみると真っ白ですがかさかさしていて食べられそうもありません。
後で調べると、カバノキ属の枯れ木にだけ生える、カンバタケとわかりました。白い肉の部分が緻密なので、昔はかみそりの刃を研ぐのに使われたそうです。

通い慣れた道
遊歩道は木にテープなどで印をつけてあるはずですが、ほとんどが埋もれてしまっていました。それでも動物の足跡を辿っていくと、ちゃんと遊歩道を歩けました。
どこを歩いても良いはずなのに、雪のない季節に歩いている所を忠実に歩くのはなぜなのでしょうか。

頂上公園から数百メートル行くと急な登りになります。やっとのことでここを登り終えた時は、出発から2時間も経っていました。小沢根の頭まで行ったら日が暮れてしまいますので、蓼科山を眺めながらお弁当を食べ、帰りました。
うららかで気持ちの良いお弁当日和でしたが、こんな日はスノーシューに向かないことを学びました。

by pu-

[2015/03/17 22:42] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: