FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
狭い頂上なのに、険しい岩の間には様々な花が。

イワカガミ花後
イワカガミは少し咲いていましたが多くは花後で、このように赤くつんつんした状態が可愛らしく見えました。

シモツケ
シモツケ

セリ科と?
手前の白い花はミヤマウイキョウ。黄色はアップを採り忘れ、わかりません。

ヒメシャジン?
ヒメシャジン?

トウキ
これは初めて見ました。シシウドの仲間にしては葉の形が変です。
苦労して調べた結果、トウキ、あるいはトウキの一種だろうという結論に至りました。漢方薬の「当帰」として、栽培もされるそうです。花のアップはやはりシシウドなどとよく似ています。
トウキの花アップ


断崖絶壁に張り付いていたこの花。
ハコネコメツツジ2
どうもハコネコメツツジのようです。

花のアップがこちら。花も葉も、剛毛に包まれています。
ハコネコメツツジ
秩父山地を北限とし、伊豆天城山や箱根など限られた地域にしか分布しないようです。フォッサマグマ帯固有の種であるとか。
環境省の絶滅危惧種、箱根の天然記念物だそうです。そのような稀少な種を撮影でき、高所恐怖症でなくて良かったと思いました。
他にも、蕾の状態のため分からない種が多数ありました。

帰りは、避難小屋から下る道を間違えて1時間ほどロスをしました。もし登ってみようと思う方がいらっしゃいましたら、標識には十分ご注意下さい。
白岩から狭い農道を行くと鹿柵の前に車が置けます。美しの国から2時間弱でした。

by pu-

[2015/07/14 00:23] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: