FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。

 別の班は、頂上公園のマルバタケブキからスタートです。 ここでは少し違った視点から。マルバタケブキは毒性がありますが、鹿は最近食べているようです。毒があっても対応ができてしまったのか? また、このマルバタケブキによってヤナギランがめっきりなくなってしまったという声をお聞きします。刈る・残す の二つの声があるようです。 検討していきたいものです。P1030244.jpg
そのマルバタケブキにとまる蝶々です。刈るか残すか 悩むところですね。P1030254.jpg
メス鹿をめぐる闘いで、オス鹿同志がそれぞれの角を磨き強さを示した痕だそうです。動物の世界では、同じようなことがあり、鹿も同じなのだと感心させられました。P1030290.jpg
途中、船のイカリに似たハナイカリ・実が行司の軍配に似たグンバイヅルなどいちだんと興味をもたされました。
  (写真は、割愛させていただきました。申し訳ありません)

渓流コースでは、木が幾何学模様をなして歓迎です(みなさんには何に見えますか?)
まだまだ知らない草花がたくさんあります。 季節毎に歩いて観察するのも良いと思います。

by-steve

[2015/08/19 17:35] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: