FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
停電は、今日の午後1時15分頃解消しました。16時間半なんて長い停電は、初めての経験でした。
水も温泉も少しずつ流しっぱなしにしておくと同時に、水栓や便器・タンクはプチプチで覆っておきました。また夜中も数時間おきに水と温泉を全開にして出してみました。
比較的気温が高かったせいもあってか我が家は幸い水道管も給湯器も無事でしたが、給湯器から水が漏っているおうちもありましたので心配です。
また今朝からは携帯も圏外でした。ネットも繋がらず、改めて停電の影響の大きさを感じました。

木が低い
今朝、いつもより木が低いと感じました。枝垂れ柳のようにおじぎしている木ばかりです。

朝、山岸さんが寄って下さいました。雲渓荘のあたりで倒木のため断線しているので、中部電力が復旧に努めているということでした。倒木は多く、小山さんが伐っていますが危険なので雲渓荘からクラブハウス間は通行止めだそうです。

木につらら
木はこのように1cm近くの厚みで氷に覆われています。その上ツララがぶらさがっているのですから、相当な重みであることが想像できます。

電線につらら
電線にも無数のツララ。

折れた木
このような細い木ならまだ良いのでしょう。
歩いていると、時々パシッという音がして枝が落ちていくのが見えました。

電線に
シラカバとダケカンバは特にしなりやすいようです。或いは、ひょろひょろと丈ばかり高くなってしまったからでしょうか。これは電線にかかっていました。

屋根に
これは隣家?の屋根に。

枝垂れる
薄い陽射しでも、氷がきらきらと光り美しい風景でした。
でもこんなに枝垂れた細いシラカバ達、このまま頑張っていられるのでしょうか。

今日のニュースでも長野県の数箇所でやはり倒木のため孤立や停電があったと報じていました。
映像を見ると、ここと同じく雨を受けた木が凍って倒れていることがわかりましたが、「雪の重みで」と報じているのが気になりました。
雪はほとんど積もっていないのが見て取れるのに、原因は雨が凍ったのではと言っている人もいたのに、なぜでしょうか。
原因は明らかに昨日の雨(この時期にしては高温)とそれに続く低温なのです。間違った情報では対策のとりようもないと思いました。

通行止めは続いています。
今マイナス6℃、昨晩よりかなり冷えていますのでこれから倒れる木もあると思われます。まだ油断はできません。

by pu-

[2016/01/30 21:41] | 未分類
トラックバック:(0) |


sayryo
ご無事で何よりです!
でも、まだまだ安心出来ません。
くれぐれも気をつけてください。

以前にも雨氷
たぬきおやじ
15年以上前だったか似たような現象がありました。この時初めてこの現象「雨氷」というものを知りました。その時は停電はしなかったと思いますが、木々がみんなお辞儀して、多くの木が折れましたが白樺は結構折れずに復帰しました。それにしても「停電」って大変なことですね。


倒木の原因など
inok
とりあえず停電が解消して良かったですね。でもまだ道路通行止めが続いているとのことで、「孤立」状態は大変だと思います。

倒木の原因については、NHKでは雪の重みと報じていましたが、毎日新聞では明確に「雨水が枝で凍る「雨氷」の重みで木が倒れたとみられる。」と書いていますね。
http://mainichi.jp/articles/20160130/k00/00e/040/266000c

今回の倒木に被害は道路付近だけでなく、山中など広範囲に起きている可能性もありますね。今後の推移も心配です。


雨氷の被害
ST
 20年ほど前の春先にも、ひどい雨氷の被害がありました。そのときは、もっと広く中信地域に及んでいたようです。遊歩道の外側のカラマツ林でも、幹や枝がずたずたの惨状でした。
 しかしほとんど価値がなくなっていた森林の被害に保険金がおりて、関係者は一喜一憂している、と聞いた覚えがあります。海外旅行でも、という話しもでたそうです。


Masakung
数年前にも枝先が凍って、新芽が枯れてしまったことがあったように思います。
何より電気の無い世界で生き抜いていかなければならないことが、重いストレスになったのではとお察しします。
そして寒さも!
停電時の対策を真剣に考えないといけないですね。
それよりお疲れ様でした。



pu-
sayryoさま、ありがとうございます。
今日も一日通行止めです。

たぬきおやじさま
そういえな雨氷と以前このブログで書いたような気がします。その時はただ心配というだけだったと思いますが。
カバ類はしなやかなのですね。今日の陽射しで融ければ復活するのでしょうね。

inokさま
報道機関によってずいぶん違うものですね。正確に伝えてほしいものです。
これまで全国的な大雪のときでもあまり感じなかったのですが、今回は2日間の予定をキャンセルせざるを得なかったため「孤立」を実感しました。

STさま
そのような裏話もあるのですね。今回も、でしょうか。

雨氷の可能性
inok
写真や映像を見る限り、私も雪ではなく雨氷が原因だと思います。

雨氷についてはWikipediaに詳しい記述がや写真がありましたので、一昨日の美しの国と比べていただけると、一致する点が多いと思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E6%B0%B7

美しの国ではつらら状の氷が付着しているのが、別の現象が合わさって起きたと思われますが。


pu-
masakingさま

そうなのです。
これが芽吹きに影響するのでは、と不安です。
停電の場合も考えて備えていたつもりですが、凍結防止帯と給湯器の電源に関しては考えが足りませんでした。
これを教訓にしていかなければと思います。



pu-
inokさま

Wikipediaを興味深く読みました。
上空に気温の逆転層があることが雨氷生成の条件であるという点、まさに私が不思議に思ったとおりでした。当日、モニュメントのあたりより我が家の方が4度も気温が高かったのです。おかげさまで納得しました。
「つらら」と書きましたが、雨氷ができてからは気温が上がっていませんし日照もそれほどなかったので、下向きにできた雨氷だったのだと思います。






コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
ご無事で何よりです!
でも、まだまだ安心出来ません。
くれぐれも気をつけてください。
2016/01/30(Sat) 23:23 | URL  | sayryo #w4nr9mP6[ 編集]
以前にも雨氷
15年以上前だったか似たような現象がありました。この時初めてこの現象「雨氷」というものを知りました。その時は停電はしなかったと思いますが、木々がみんなお辞儀して、多くの木が折れましたが白樺は結構折れずに復帰しました。それにしても「停電」って大変なことですね。
2016/01/30(Sat) 23:28 | URL  | たぬきおやじ #-[ 編集]
倒木の原因など
とりあえず停電が解消して良かったですね。でもまだ道路通行止めが続いているとのことで、「孤立」状態は大変だと思います。

倒木の原因については、NHKでは雪の重みと報じていましたが、毎日新聞では明確に「雨水が枝で凍る「雨氷」の重みで木が倒れたとみられる。」と書いていますね。
http://mainichi.jp/articles/20160130/k00/00e/040/266000c

今回の倒木に被害は道路付近だけでなく、山中など広範囲に起きている可能性もありますね。今後の推移も心配です。
2016/01/30(Sat) 23:58 | URL  | inok #-[ 編集]
雨氷の被害
 20年ほど前の春先にも、ひどい雨氷の被害がありました。そのときは、もっと広く中信地域に及んでいたようです。遊歩道の外側のカラマツ林でも、幹や枝がずたずたの惨状でした。
 しかしほとんど価値がなくなっていた森林の被害に保険金がおりて、関係者は一喜一憂している、と聞いた覚えがあります。海外旅行でも、という話しもでたそうです。
2016/01/31(Sun) 01:58 | URL  | ST #-[ 編集]
数年前にも枝先が凍って、新芽が枯れてしまったことがあったように思います。
何より電気の無い世界で生き抜いていかなければならないことが、重いストレスになったのではとお察しします。
そして寒さも!
停電時の対策を真剣に考えないといけないですね。
それよりお疲れ様でした。
2016/01/31(Sun) 09:53 | URL  | Masakung #-[ 編集]
sayryoさま、ありがとうございます。
今日も一日通行止めです。

たぬきおやじさま
そういえな雨氷と以前このブログで書いたような気がします。その時はただ心配というだけだったと思いますが。
カバ類はしなやかなのですね。今日の陽射しで融ければ復活するのでしょうね。

inokさま
報道機関によってずいぶん違うものですね。正確に伝えてほしいものです。
これまで全国的な大雪のときでもあまり感じなかったのですが、今回は2日間の予定をキャンセルせざるを得なかったため「孤立」を実感しました。

STさま
そのような裏話もあるのですね。今回も、でしょうか。
2016/01/31(Sun) 10:15 | URL  | pu- #-[ 編集]
雨氷の可能性
写真や映像を見る限り、私も雪ではなく雨氷が原因だと思います。

雨氷についてはWikipediaに詳しい記述がや写真がありましたので、一昨日の美しの国と比べていただけると、一致する点が多いと思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E6%B0%B7

美しの国ではつらら状の氷が付着しているのが、別の現象が合わさって起きたと思われますが。
2016/01/31(Sun) 15:36 | URL  | inok #-[ 編集]
masakingさま

そうなのです。
これが芽吹きに影響するのでは、と不安です。
停電の場合も考えて備えていたつもりですが、凍結防止帯と給湯器の電源に関しては考えが足りませんでした。
これを教訓にしていかなければと思います。
2016/01/31(Sun) 20:58 | URL  | pu- #-[ 編集]
inokさま

Wikipediaを興味深く読みました。
上空に気温の逆転層があることが雨氷生成の条件であるという点、まさに私が不思議に思ったとおりでした。当日、モニュメントのあたりより我が家の方が4度も気温が高かったのです。おかげさまで納得しました。
「つらら」と書きましたが、雨氷ができてからは気温が上がっていませんし日照もそれほどなかったので、下向きにできた雨氷だったのだと思います。




2016/02/01(Mon) 23:20 | URL  | pu- #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: