FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
一昨日、入笠山に行ってきました。
一日晴れの予報でしたが、毎日のように雷雨があるので安全策をとりゴンドラで登ることにしました。
ゴンドラのチケットと一緒に渡された45ページもの散策ガイドブックには、ここで見られる花が色別にわかりやすく記されていて重宝しました。6月のスズランが有名ですが、春~秋で150種もの花が楽しめるそうです。

霧の湿原
花々が咲き乱れる湿原は霧の中。雰囲気のあるすてきな風景でした。
ここに見えるのはエゾリンドウ・サワギキョウ・オオバセンキュウ・シシウド・オトコエシなどです。

サワギキョウ
サワギキョウ

クサレダマ
クサレダマ

ベンケイソウ
ベンケイソウ

レンゲショウマ
レンゲショウマ

花の湿原
ヤナギラン・コオニユリ・マツムシソウなど夏の花もまだ残っていますけれど、多くはアキノキリンソウ・ゴマナ・ノコンギク・エゾリンドウなど、もう秋の花です。

マナスル山荘(本館)で昼食(たぬきうどんはお勧めです)の後、入笠山へ。

入笠山山頂
山頂からは360℃見渡せましたが、山々の上の方に雲がかかっていて残念でした。せめて、近くに迫る甲斐駒の全容は見たかったです。

エンビセンノウ
これは山野草公園のエンビセンノウ。衝撃的な色と形の、絶滅危惧種です。野生のこれに出会えたら、どれほど感激することでしょう。

湿原で見られた花を数えたら、40種ほどでした。
スズランや初夏の花の時期、紅葉の時期にまた訪ねてみたいと思いました。

by pu-



[2016/08/28 22:32] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: