FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
今日のように一日気持ちよく晴れた日は、1ヶ月くらいなかったような気がします。
秋の雲をバックに、物見石山がきれいに見えました。
物見石山と雲

ヤナギタケ
5メートルほど上の枝に生えたヤナギタケ。ここなら採りに来れないだろう?と悠然と見下ろしているように思えます。

タマゴタケとベニテングタケ
美味しいタマゴタケ(左)のそばに、猛毒のベニテングタケ(右)が生えていました。
柄の色と笠表面のいぼで見分けていますが、本当によく似ています。

ベニテングタケ
卵の殻を破って出てきたようなタマゴタケとは違い、ベニテングタケのつぼはそのまま膨らんだ感じです。

謎のキノコ
見たことのないキノコに遭遇しました。高さ25センチほど、柄だけで20センチ近くあります。
笠の上部は大きなドングリのようで、下部はふわふわした薄茶のビロードのようです。

この日は暗かったので、もう一度撮影しようと翌朝行ったら壊れていました。
残念でしたが、あんなひょろひょろした形ではずっと立っていられる方が不思議です。

壊れた謎のキノコ (2)

壊れた謎のキノコ

この名前が知りたくて探しているうち、驚くべきサイトを見つけました。

和田匠平の楽しいきのこワールド

和田匠平君は中2らしいのですが、他では見ない膨大な数のキノコを自分で撮影しアップしているのです。説明文はまだ途中までですが、少しずつ進めていくそうです。ぜひ一度覗いてみて下さい。

さてこのキノコですが、「セ」まで調べたところで疲れてしまい中断しています。
わかったらまたお知らせします。

by pu-

[2016/09/27 23:12] | 未分類
トラックバック:(0) |

キノコの名前
pu-
ひょろひょろのキノコは、多分カラカサタケであろうという結論に達しました。
笠が開かないうちに倒れてしまったのですが、開けば直径20センチ、高さ50センチにもなるという超大型のキノコです。
開いたものはせせらぎコースで見たことがありますが、今回のように球形のものは初めてでわかりませんでした。
火を通せば食べられるそうで、農産物直売所で売っているのを見たことがあります。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
キノコの名前
ひょろひょろのキノコは、多分カラカサタケであろうという結論に達しました。
笠が開かないうちに倒れてしまったのですが、開けば直径20センチ、高さ50センチにもなるという超大型のキノコです。
開いたものはせせらぎコースで見たことがありますが、今回のように球形のものは初めてでわかりませんでした。
火を通せば食べられるそうで、農産物直売所で売っているのを見たことがあります。
2016/09/29(Thu) 16:01 | URL  | pu- #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: