FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
路面の氷が、夕べからの雨でつるつるです。
通勤の方は下れずに引き返し、事務所のスタッフも上がれず砂を撒いたそうです。
砂を撒いても埋まったり雨で流されたりするようで、結局通行止めになりました。
楽しみにしていた予定をキャンセルせざるを得ませんでしたが、ここに住むにはこんなリスクも覚悟しなければなりません。
雨が止んだら市に塩カルを撒いてもらうそうです。

さてこれは数日前の吹雪の翌日に見た、不思議な軌跡です。


斜面の途中からいきなり現れ、道を横断し、除雪で高くなった道路わきの斜面を、40~50メートル走っていました。
もう一端は崖を下りて、木の根元辺りで消えていました。道は新雪でタイヤ痕も足跡もありません。

キャタピラのようなので新種の遊び道具?とか考えましたが足跡がなく片道はあり得ません。
鳥が羽ばたきながら移動したにしてはきれいすぎるし、長すぎます。

DSCN2115.jpg

いろいろ考えた末、木の枝か工具のようなものが風で飛ばされていったのだろうという結論に達しました。
こんなに長くきれいに跡がつくなんて、風の力や向きが絶妙だったのでしょう。
もしそうなら崖の下が終点ということなので、落ちた除雪の雪がもう少し融けたら探してみようと思います。

by pu-

[2017/02/23 12:50] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: