FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
ごんとうちゃんさんが、今度は珍しい花についてのレポートを送って下さいましたので、ご紹介します。


今回は19・22街区(グラウンド、クラブハウス横)に咲いていて、珍しいと思った秋の草花を紹介します。

まず、オオヒナノウスツボです。遠くから見ると花の様子が分かりません。
18街区側の斜面に咲きますが、今年はこの一本しか確認できませんでした。
1オオヒナノウスツボ

ユウガギクだと思います。ノコンギク・シロヨメナに似ていますが、花が白く葉っぱの切れ込みが深く、より菊の葉に近いです。
グラウンド横の水路の斜面に咲いていました。
2ユウガギク

ツルニンジンです。クラブハウスから上に、グラウンド前のカーブの左側の壁の上に咲いていました。
3ツルニンジン

ヤクシソウです。数年前に雲渓荘横の斜面で見つけましたが、今年美しの国で初めて見ました。まだ満開には早かったです。クラブハウスから22街区へ入ったすぐの斜面に咲いていました。
4ヤクシソウ

ヤマハッカだと思います。シソ類は種類が多く、難しすぎます。
ヤクシソウの隣に咲いていました。
5ヤマハッカ

最後は、タムラソウですが、昨年は蕾が出来たものの、鹿かアナグマが食べてしまいました。今年は、葉だけ確認できま
した。クラブハウスからグラウンドの上りのガードレール脇に生えています。
6タムラソウ

下の写真は2年前のものです。アザミに似ていますが、葉に棘がなく、花の先端がカールしています。美しの国ではこの個体しか
見たことがないので、来年、芽が出たら、囲ってでも保護したいと思います。
7タムラソウ

8タムラソう

ごんとうちゃんさん、ありがとうございました。
オオヒナノウスツボは、渓流コースの元ワサビ園近くにあるのを、5年ほど前自然観察会で教えていただきました。
上の方にもあるのですね。地味で見つけにくい花なのに、よく見つけられましたね。
興味深いレポートを、またお待ちしています。

by pu-

[2019/09/16 22:57] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: