FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
ごんとうちゃんさんのレポート、第4弾をお届けします。


前のレポートで紹介したマミチャジナイの写真が不鮮明だったため、美しの国を探索して回りました。その過程で、気になった草花も含めて紹介します。
まず、エナガです。スズメ目エナガ科です。珍しくはないのですが、可愛いので掲載します。グランド下の白樺林に集団でいました。
人懐っこいのですが、動きが早くなかなかポーズを取ってくれません。
エナガ

次は、コシオガマです。探索で散策コースから資材置き場に降りてきたところに、ひっそり咲いていました。
初めカキドオシかと思いましたが、季節が違いますし、花の形も葉も違います。
コシオガマ

フユノハナワラビです。これを見たことがある人は多いかもしれません。私もよく見かけていましたが、名前まで調べようとは思っていませんでした。素敵な名前でした。
フユノハナワラビ

さて、追跡の努力が報われ、長和町との境の遊歩道最下部の林の中で見つけました。
面白いことに、スズメ目ツグミ科の仲間は、本当に仲良しらしく、マミチャジナイ、クロツグミ、アカハラが一緒にいました。
残念ながら、クロツグミだけ、特徴的な黄色いくちばしが写っていません。また、再探索です。
上から、マミチャジナイ、アカハラ、クロツグミです。
マミチャジナイ

アカハラ

クロツグミ


ごんとうちゃんさん、ありがとうございました。
「追跡の努力が報われ」とあっさり書いていらっしゃいますが、マミチャジナイやクロツグミに出会うのはそれほど簡単ではないはずです。しかもこの時期、まだ葉が沢山茂っていますから撮影するのにも相当な苦労があると思います。
執念に加え、幸運も味方してくれたのでしょうか。
今度はクロツグミの嘴を、楽しみにお待ちしています。

by pu-

[2019/09/30 22:50] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: