FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
夕べから猛烈な雨で、豪雨警報や土砂災害警戒情報のレベル3が出ました。
雨上がりの山
しばらくぐずついていましたが、夕方になると山が見え始めました。

以前Dear Friendsの外来種問題で取り上げたコウリンタンポポ、黄色が咲いているとごんとうちゃんさんから写真が送られてきました。
キバナノコウリンタンポポ
グラウンドの近くに、キバナノコウリンタンポポ。武石の下の方ではオレンジとこの黄色が混じって咲いていて、きれいでした。

やはり外来種問題で取り上げたアイイロニワゼキショウが、もっと低い所で咲いています。
アイイロニワゼキショウとマダラヒメバチ
小さくてスマートな蜂が、長い管で蜜を吸っていました。多分マダラヒメバチで、管は口吻というそうです。こんなに長くては飛ぶとき邪魔ではないかと思いましたが、吸蜜する時に伸びるものらしいです。

オランダミミナグサ
この花は、ミミナグサということしか分かりません。
花弁より萼片が短いのは帰化植物のオランダミミナグサ、花茎が長く紫色なのは在来種のミミナグサ、と特徴が混在しています。
一番近いのは亜高山から高山に育つ絶滅危惧種のタカネミミナグサなのですが、確かめに行こうにも場所を忘れてしまいました。

今年はギンランがとても多いです。それも高さ5~6㎝の、赤ちゃんのように小さなものが目立ちます。明るさを好むからか、管理事務所が伐採した所に増えているような気がします。
ギンラン
これは普通サイズで15㎝ほど。小さくてもランの優雅さをしっかり備えています。

ランといえば、また初めてのランをせせらぎコースで見つけました。
コケイラン
低山から亜高山までの湿った林内に育つ、コケイランです。これは葉が1枚もなく、まっすぐ立っていました。

コケイランアップ
中央の唇弁の先がフリルのようで赤紫のドットが可愛らしい、おしゃれな花です。

by pu-

[2020/06/13 00:02] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: