FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
散歩の途中お会いした方と花談義をしていたところ、お庭のベニバナヤマシャクヤクを見せていただけることになりました。
このブログでも何度かご紹介した、希少な花です。
ベニバナヤマシャクヤク
それがこのお庭には沢山の株があり、4つも花が咲いていました。一部は頂いて植えたものですが、元々ここに自生していたそうです。木洩れ日程度の薄暗い中に、ぽっと光が灯ったように咲いていました。
毎年咲くとは限らない気難しい花ですし、咲いてもすぐに散ってしまいます。花期もまちまちなのに、たった数日のご滞在の間にご覧になれたなんて・・・私も嬉しくなりました。

ごんとうちゃんさんに、見晴らしコース(長和町有林側)のミヤマナルコユリを教えていただきました。
ミヤマナルコユリ
この間ご紹介したアマドコロに似ていますが、葉の形や花の並び方などが違います。

下からの写真は難しいのでごんとうちゃんさんにお願いしました。花の並び方がわかるように、とリクエストしたら早起きして撮って下さったそうです。
ミヤマナルコユリ2
アマドコロは茎に一列に花が並びますが、ミヤマナルコユリは葉の出ているところから左右に分かれて2つずつ、長さ2㎝ほどの花が下がっています。
この後、7街区でも花盛りの株を見つけました。

下の花は、我が家のベランダの下で見つけました。数年前から大きなチゴユリがあると思っていたのですが、この間初めて葉の下を覗いて花に気付きました。
ワニグチソウ
調べると、ワニグチソウでした。名前の由来は、花の上の大きな苞が寺社の軒下に下がっている鰐口に似ているからだそうです。あの鈴を潰したような形の、どこが似ているのか分かりませんけれど。

葉も花も、ミヤマナルコユリと似ています。
もう一株は花が少し開き、雌蕊が覗いていました。
ワニグチソウ開口
2株とも、ほとんど陽の射さない場所です。
花のない株も含め、最近このアマドコロ属がよく目につきます。
目が慣れて見つけやすくなったのかもしれませんが、木々が伸びて暗くなったのと関係があるような気もしています。

by pu-

[2020/06/26 00:19] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: