FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
一新された長和の道の駅で、「長和町オープンガーデン」というパンフレットをもらってきました。個人で庭を開放しているお宅が17件、紹介されています。
梅雨の晴れ間、花好きの友人たちを誘い訪問してみることにしました。急に思い立ったので、事前連絡の要らない所だけです。

まず、近い長久保のお庭に行きました。ここは家があるわけではなく、田んぼの中、ビニールハウスの隣に広い洋風の庭園があるだけです。オーナーさんは不在でしたが、開放されていたので拝見してきました。
アーチや可愛らしい作業小屋などもあり、オーナーさん手作りらしいトールペイントが飾られた洋風庭園です。。
アナベル
緑色から白に変わる、アナベルという種類の紫陽花だそうです。

イトバハルシャギク
葉が細かくて美しい、イトバハルシャギク。
他にも数えきれないほど沢山の種類の花が咲き乱れ、踏まないよう歩き回るのが大変でした。

次に訪れたのは、姫木平別荘地の中にあるペンション「ダーチャ ベリオスカ」です。標高1420mですから、別荘地の中でもずっと上の方です。
パンフレットでは洋風の庭がほとんどを占める中、「山野草に親しむ自然の庭」とありましたので一番訪れたい場所でした。

オーナーさんご夫妻が迎えて下さって、奥様が長時間にわたり案内して下さいました。本館・コテージ2棟のほかにもバーベキュー小屋・囲炉裏部屋など建物が何棟もあるため、お庭も入り組み、広大です。
驚いたことに、自生のベニバナヤマシャクヤクが何カ所も群生していました。
樹木や山野草の種類がとても多く、初めて見る種も沢山ありました。
DSCN9995.jpg

シカやカモシカから守るため低い柵で囲ってありますが、上から食べられてしまった植物もありました。
ちょうど花盛りのサンリンソウは、どんどん増えていったそうです。サンリンソウは美しの国で見たことがありません。
サンリンソウ
園芸種かと思うほど、大きく華やかな花です。

大きな松の木を使った、見晴らし台。
見晴らし台

ヤグルマソウの花も初めて見ました。
ヤグルマソウ

ここのアマドコロ、チゴユリ、フシグロセンノウなど多くの山野草が、美しの国で見るものの倍以上の大きさです。違う種かと思うほどで、驚きました。標高は同じくらいなのに何が違うのでしょう。
今は、春の花が終わり夏の花がそろそろ、という時期です。多くは葉だけしか見られないのですが、次々に現れる珍しい山野草に夢中になり、お話が楽しくて、気がつけば1時間半ほどお邪魔していました。
突然の訪問にも関わらず温かく迎えて下さって、本当に有難く思いました。
ご迷惑をおかけするのがわかっていながらも、夏の花が咲き誇る頃にまたお邪魔したい、と思ってしまうお庭でした。

by pu-

[2020/07/03 14:03] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: