FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
前回のリクエストに応え、ごんとうちゃんさんがレポートを送って下さいました。


 いくら美しの国と言っても、毎日暑いです。長雨の次は日差しの強さで、散策もままなりません。しかしながら、次から次に咲き始める草花に誘われて、毎日出かけることになります。
 今年は、何故か初めて見る動植物や名前がわかる動植物が多いです。植物だけで20種以上見つけました。永住2年目にして、眼が慣れてきたのかもしれません。都度に掲載して頂いていますが、追いつきません。ですので、今回は長いレポートになってしまいました。pu-さんのリクエストで派手なものと、やはり種類が多い地味なものを報告いたします。よろしくお付き合いください。

 まず、先般の報告でアカバナ科のタニタデを紹介しましたが、アカバナ科の新しい仲間を2種紹介いたします。
 ミズタマソウです。我が家に生える数少ない植物ですが、美しの国じゅうでたくさん見かける様になりました。花は6mmで、8月上旬に開花です。タニタデと同じく花の子房が繊毛のあるボールのようになります。名前の由来だと思います。花弁2枚、萼2枚、雄しべ が2本、雌しべの先がわずかに割れているところも同じで、同じ仲間だということが理解できます。
ミズタマソウ

ミズタマソウ2

次にウシタキソウです。長らくミズタマソウだと思っていましたが、葉の形状がハート型であることから、今年違いに気づきました。4街区の道端に咲きます。開花は少し早く、7月下旬です。花や繊毛のある子房はミズタマソウとほぼ同じですが、雌しべが長いです。
ウシタキソウ

2ウシタキソウ

ケフシグロです。ナデシコ科のフシグロの一種です。フシグロの茎や葉に繊毛が生えている(2枚目)種類です。背丈が高く1m以上になります(分かりにくいですが1枚目)。
花はツボ型で、ささやかな白い花弁を持ち、茎の頭頂や葉腋に咲きます(3枚目、上の2輪は虫食いと思います)。二年草にしては地味です。3街区と子檀嶺神社前の草地に生えていました。開花は8月上旬です。

ケフシグロ

ケフシグロ2

ケフシグロ3

 オオヒナノウスツボ です。ゴマノハグサ科の多年草です。過去2度ばかり報告されていますが、道路のすぐ脇に咲いている株を見つけたため、花の様子がよく分かりましたので、再報告させていただきます。上記のケフシグロと同じツボ型の花です。当地では珍しい植物でしたが、今年は10本ぐらい確認できました。
オオヒナノウスツボ

2オオヒナノウスツボ

 最後は派手なものとして、メタカラコウです。キク科です、7街区の敷地内に咲きます。数年前に見つけた時は人為的に植えられたものと思っていましたが、今年、4街区の沢にも生えているのを見つけたことから、自生しているものと思います。
 背丈は大きく、マルバタケブキと同じくらい、葉も同じくらいですがハート型をしています。花弁は2、3枚が不規則で、同じ仲間のオタカラコウと異なる所です。残念ながらオタカラコウにはまだ遭遇していません。
メタカラコウ

メタカラコウ2

by ごんとうちゃん


ミズタマソウやウシタキソウ、ケフシグロなど微細な花に気付くごんとうちゃんさんの眼の良さには、驚くばかりです。オオヒナノウスツボが増えているのは嬉しい情報ですね。
次は何を発見してくださるか、楽しみです。

by pu-

[2020/08/12 22:20] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: