FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
そろそろ秋の花も中盤から後半に差し掛かってきました。今年は花の種類も数も多かったと思います。鹿が少なかったからなのでしょう。

タムラソウ、2~3本の食害はあったものの、現在十数本は花をつけています。テニスコートと神社の間には沢山の株がありました。
花だけ見るとアザミに似ていますが、葉は棘がなくきれいです。
タムラソウ
多い花ではないと思いハンドブックに載せるつもりはありませんでしたが、ごんとうちゃんさんが美しの国の隅々まで探し、場所と本数まで教えて下さいました。今年は沢山の花を見ることができましたので、掲載決定です。今までは食べられていたのだと思います。

キンミズヒキも、これほど多く見られたことはありません。
キンミズヒキ

カワミドリも、小さいながらちゃんと咲いています。
カワミドリ
シソ科は元々食害はないと思っていましたので、今まで見なかったのが不思議です。
やはりシソ科のクルマバナも、多いように思います。
クルマバナ

ハナタデが妙に目立つのは、ごんとうちゃんさんに刺激されて小さな花に目が向くようになったからかも知れません。
ハナタデ

花の大きさは2mmもありません。肉眼で花の形を見ることは困難です。
ナガバハナタデ
花びらが透明で、可憐な花です。
しばらく粘ってやっとこの程度しか撮影できませんでした。しかもうるさく付きまとうブユに食われ、散々な目にあいました。以後、虫よけネットを持ち歩いています。

by pu-

[2020/09/04 21:29] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: