FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
この間採ったアカヤマドリは、鶏肉のシチューに使いました。ホワイトシチューがカレーのような色になってしまいましたけれど、しこしことした食感を楽しみました。癖がないので使いやすい茸です。
さて、ごんとうちゃんさんが見事期待に応えて、すてきな写真を送って下さいました。


「タムラソウとフクオウソウ}
 この2種についてはpu-さんが既に報告されていますが、私も少し言及させていただきます。今年の植物観察の主要テーマがタムラソウとフクオウソウ でした。鹿に食べられないか、やきもきしながら開花を見守る散歩の毎日でした。その甲斐があり、タムラソウは見事に復活しました。

 タムラソウは田村草と書きますが、由来は不明との事。アザミと同じキク科ですが、トゲ がなく、葉はオミナエシの様です。花の写真はもう紹介されていますが、雌しべの花頭がカールしたものを載せます。カワイイです。
タムラソウ

 フクオウソウ です。タムラソウと同じキク科ですが、様相がかなり違います。名前の由来は以前紹介しましたので省略します。
 葉はトゲっぽいですが柔らかいです。長和町側の株が鹿にかなり食べられてしまったぐらいですから、美味しいのでしょう。茎が40cm近く伸びます。花はまばらに下向きにつきます。
フクオウソウ葉

フクオウソウ蕾

フクオウソウ蕾と花

 萼や茎には繊毛がたくさん生えています。写真ではわかりづらいですが花弁は薄紫色で、雄しべ、雌しべが非常に長いです。最後の写真は雄しべの花粉が残っている、なかなか出会えないと言われているものです。どうでしょう、少しは華がある写真になったでしょうか。花弁は流石にキク科そのものです。
フクオウソウ花

フクオウソウ花粉

 去年最初に見つけた時は、気持ちが悪い以上に不気味な感じがしましたが、素性がわかるとなかなか味わいがある植物だと思います。
 長和町側の群落は4本しか咲きませんでしたが国有林側は10本程度咲きました。どちらの場所も目立たないところですので、もう少し別荘地の中心部に進出してくれれば、ハンドブックに採用していただけるのに、と思います。

 今年は世間的には大変な春夏でした。しかしながら私はゆっくりとこの地の植物探索に精を出すことができました。pu-さんの、花のハンドブック、作成を邪魔するくらい新顔を見つけることができました。まだ報告出来ていないものもありますが、その分は来年にまた紹介させていただきます。
 先日、オオルリの幼鳥が我が家に激突して死んでいました。かわいそうですが、野鳥が活発化する季節になりました。そろそろ野鳥撮りに回帰し、新しい出会いに期待することにします。

by ごんとうちゃん


さすがですね。フクオウソウが、優雅で格調高い花に見えます。
タムラソウの新たな魅力も見せていただき、ありがとうございました。
野鳥にも期待しています。

by pu-

[2020/09/19 22:02] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: