FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
ごんとうちゃんさんからのレポートをご紹介します。

 「 春の樹木花と鳥 」

 この地もすっかり緑一色になり、野鳥観察もそろそろ難しくなって来ました。また樹々の花々が咲き始めました。ウワミズザクラの香り、ズミの豪華さ、ミヤマザクラの清楚さ、忘れてならないレンゲツツジが早くも下部では満開です。その中で、ブログで紹介されていない木々の花を確認しましたので報告いたします。

 まず、ニワトコ(レンプクソウ科)です。22街区にあります。参考に去年の秋の果実の写真をつけておきました。
ニワトコ

ニワトコ2

ニワトコ3

 次に、ミヤマアオダモ(モクセイ科)です。自信がありませんので間違っていたら指摘してください。水神池の下に立派な樹がありますが、今年初めて花の存在を意識しました。毎年咲いていたのなら気付いているはずなのですが。聞きかじりの話ですが、開花は5〜7年に1度で、アオダモの花が咲く年は豊作だそうです。
ミヤマアオダモ

 次は、サルマメです。去年6月23日のブログで紹介しましたが、今年花が確認できました。大きさは直径7mmほどの小ささで地味です。
サルマメ

 次に野鳥ですが、まずミソサザイの幼鳥です。せせらぎコースで親子で飛ぶ練習をしていました。写真を撮ろうと近づくと親鳥が威嚇します。一枚だけ素早く撮影させてもらいました。しかし、この時期にもう巣立ちとは早すぎると思うのですが。
ミソサザイ幼鳥

 カッコウ、ツツドリ とくればホトトギス なのですが、なかなかチャンスがありません。声を追いかけて、頂上公園まで登り、諦めた帰り道、13街区で聞いたことのない綺麗な囀りが聞こえました。慌てふためいて探した結果、コルリ(ヒタキ科)でした。夏鳥ですが、この地では出会えないと思っていました。写真の色調が違うのは、笹が邪魔してるのと、隙間をうまく見つけられた違いです。
コルリ

コルリ2

 思いかけず、課題の一つのコルリをクリアできましたが、ホトトギス 、ルリビタキ、クロツグミ、ヤマドリ等、まだまだ課題が残っています。

by ごんとうちゃん

コルリ、ここにもいるのですね。そういえばコマドリに似た囀りは何度も聞いていましたから、あれがコルリだったのかも知れません。
先週あたり、雲渓荘下の沢の向こうのアオダモがきれいでした。今まで気づいたことがなかったので不思議に思っていましたが、毎年咲くものではないのですね。納得しました。

by pu-

[2021/05/25 12:14] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: