fc2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
しばらく留守にして夕べ帰宅したら、我が家の辺りは思いのほか落葉していました。留守中が紅葉のピークだったようで残念です。でもクラブハウスあたりの赤いモミジ類は、息を呑むほどの鮮やかさでした。
さて、ごんとうちゃんさんの写真をお楽しみ下さい。


「 キレイなもの集めました 」
 
 本日11月2日です。薪ストーブを焚き始めましたが、今日は全く寒くありません。ドカ雪は嫌ですが、スキーヤーとしては雪が待ち遠しいです。
 さて、紅葉は一部のカエデやドウダンツツジクマシデ等を除いて、ほぼ終わりですが、散策ついでに見つけた、キレイなものを紹介します。

 カエデ類は赤く変化するものと黄色くなるものがあります。どちらもキレイですが、コミネカエデは色の変化が大きく、一際鮮やかです。
コミネカエデの紅葉

 紅葉とは逆に、葉が白く変化するものもあります。まずはコシアブラです。正確には薄黄色ですが、ほとんど白くなります。
コシアブラ紅葉

 次は我が家に生えているチョウセンゴミシです。これも白く変化します。葉柄の赤い部分がより引き立ちます。
チョウセンゴミシの紅葉
 
 木の実も毎年楽しませてくれますが、今年はたくさん実をつけていて、キレイです。
 まずは、ニシキギの実です。pu-さんが弾ける前のものを紹介されていましたが、これは弾けた後のものです。クラブハウス横の斜面の個体です。
ニシキギの実

 次は、同じニシキギ科のツリバナの実です。割れた果皮が赤紫で鮮やかです。この個体はテニスコートの上に生えているものですが、こんな色の実は初めて見ました。
ツリバナの実

 次は、ツルウメモドキです。割れた状態の実は何回か紹介されていますが、割れる前ののものはまだ紹介されていないと思います。雌しべの花柱が角のように残っています。
ツルウメモドキの実

 最後はオヤマリンドウが、まだ咲いていましたので掲載します。1ヶ月以上、長い期間咲いているようです。
オヤマリンドウ

 以上です。今年の紅葉は例年と比べて鮮やかでした。毎年、真っ先に落葉するシラカンバも葉が残っていましたし、ミズナラの葉が枯れずに黄変したのも、キレイでした。それでも、あっと言う間に終わったような気がします。

by ごんとうちゃん


チョウセンゴミシ、我が家にも咲いていたので探しましたが葉は見当たりません。落ちてしまったようです。
今日は山も異常な暖かさです。長袖シャツ1枚で散歩しても暑いほどでした。
by pu-

[2023/11/03 15:07] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: