FC2ブログ
美ヶ原高原の東側に位置する「美しの国」別荘地。豊かな大自然を伝えます。
梅雨も最後になり、散歩途中で突然の豪雨に見舞われました。そばのお宅の軒下に飛び込み友人に車をお願いして帰ることができました。梅雨が明けても近年はこんなスコールが多く、雨雲ズームレーダーの確認を忘れて出るのは危険です。
ごんとうちゃんさんからとても興味深いレポートが届きましたので、ご紹介します。


 もう直ぐ梅雨明けと予報にだまされ続け、もう8月です。やっと、夏らしくなるでしょうか。この間、散策もままならず、雨の止み間に草取りや蝶の観察ばかりでした。
 そんな中、フシグロセンノウの幼株を見つけ植え替えようと引き抜いたところ、なんと、土の中に花が咲いているのを発見。それも透明の花が咲いているではありませんか。
地中の花

地中の花2

 世紀の発見か、と調べましたがなかなかヒットしてくれません。翌日、冷静になるとこれはヒゲネワチガイソウ の株だということを思い出しました。
 皆さん、閉鎖花というのをご存知でしょうか。センボンヤリを見つけた時に初めて知ったのですが、根の近くの土中に閉鎖花を付けるものがあるとは、全く知りませんでした。ワチガイソウの仲間は根元の葉腋に閉鎖花をつけるとのこと。証拠に、根元の拡大写真で花らしき中に種が3粒あるのがわかると思います。
ヒゲネワチガイソウ閉鎖花

 種があるということは、閉鎖花の中で自家受粉し、種子を作り、増えていくということです。そして、透明の花だと思っていたのは、子房の殻が開いただけということでした。
下の別株の写真に、まだ開いていないものと閉鎖花(上側の株の右に3つ種がついているわきの極小さいもの)が見えます。
2ヒゲネワチガイソウ閉鎖花
 
最後に、ヒゲネワチガイソウ (ナデシコ科、開花時期は4月下旬)の地上の解放花を掲載しておきます。少々がっかりの結末ですが、良い勉強になりました。
ヒゲネワチガイソウ4月

 ( おまけ )
 今回もおまけで、ヒョウモンチョウ のつづきを報告いたします。メスグロヒョウモンのオスです。背中側はほぼミドリヒョウモンと同じですが、前翅の肩側の模様が少し薄いです。腹側の特徴は、後翅に白いスジがある以外にはほとんどありません。最近オスが他のヒョウモンチョウ類の集団によく紛れています。
メスグロヒョウモン♂

メスグロヒョウモン♂裏

by ごんとうちゃん


ネットの写真で見たことはあったのですがよく理解できずにいた所、このレポートでよく分かりました。地中に透明の花(ではありませんが)なんて、幻想的です。上の花や実が動物に食べられても、地中の種で繁殖できるのは有利ですね。
私も、来年ヒゲネワチガイソウが咲いたら印をつけておき夏に掘ってみようと思います。
瓢箪から駒、の貴重なレポートをありがとうございました。

by pu-

[2020/08/02 15:35] | 未分類
トラックバック:(0) |
2020年7月降雨記録

今年の梅雨は例年に比べても雨の日が多くて、
湿度の高い日々が続きました。
そして降雨の記録がなかったのは、
2日と19日の、2日だけでした。

皆さん、湿気対策は万全ですか?

by 大工

[2020/07/31 18:04] | 未分類
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
今日は久しぶりに、一滴の雨も降りませんでした。涼しいとはいえ、長時間歩くとやはり汗をかきます。
頂上公園までの道で、高さ20㎝ほどのギボウシを見つけました。
コバギボウシ
コバギボウシよりずっと小さいので他の種かと思い調べましたがそれらしいものはありませんでした。これもコバギボウシのようです。

その少し上に咲いていたコオニユリ。
コオニユリ
この色でもそれほど派手に見えないのは、小さいせいでしょうか。陽当たりが良く適度に湿った山地に生えます。

頂上公園近くのお宅の駐車場に、オニノヤガラが4本。
オニノヤガラ
これは花盛りというのでしょうか。
数年前自然観察会で見た4街区のオニノヤガラは、今はありません。大きい塊茎があるはずなのですが、毎年そこから生えるわけではないようです。

ネバリノギラン
頂上公園の、ネバリノギラン。山地から高山の湿った所に生えます。触るとべたべたしています。
草刈り前は沢山咲いていたのですが、平らなところは全部刈られてしまいました。斜面には少しあるものの、草むらの中です。日照を求めて道路近くに下りてきたのかも知れませんので、来年からは守った方が良いかもしれないと思っています。地面に這うような葉は残っていますけれど、来年、今年のように咲くかどうか心配です。

シュロソウ
シュロソウが、2街区のメインストリート沿いに咲いていました。ごんとうちゃんさんに案内していただいたのですが、こんなところにあるとは知りませんでした。囲ったお庭にしか残っていないと思っていましたから、嬉しくなりました。

by pu-

[2020/07/29 22:35] | 未分類
トラックバック:(0) |
今日の午前中は晴れ間もありましたけれど、まだ豪雨が断続的にあります。それでもここの涼しさと湿度の低さに、来荘された方々は皆ほっとされるようです。
ごんとうちゃんさんからのレポート、ご紹介します。


植物を同定するのに、皆さん苦労されていると思います。Dear Friends にも紹介されているように、私もネットを駆使しています。それでもわからない時は、〜に似ている、という曖昧検索を最終手段に画像を探しています。ほとんど当て物の世界ですが、同定できた時は手を叩くぐらいうれしいです。
 そのうれしかった一つがハエドクソウです。数年前から我が家の階段横に、気味悪い植物が生え始め、同定するのに3年かかってしまいました。シソ科の葉のようなのでシソ科で調べても、ヌスビトハギの様な花のつき方で調べてもわかりませんでした。最終的に、実がひっつき虫の様な感じだったので、この言葉で検索すると、ようやくヒットした次第です。苦労した割には一般的な植物ということで、若干残念でした。
 分かってしまうと、名前の凄さに関わらず、何故か親しく思えます。また、今年は美しの国のあちこちで見かけるようになりました。今回は、美しの国で見つけたハエドクソウ科の他の植物も合わせて報告したいと思います。

 ハエドクソウはハエドクソウ科に属し蠅毒草と書きます。昔は根っこからハエトリを作っていたそうです。葉は対生、茎は30cm以上伸びますが、花は6mmしかありません。仲間にはナガバハエドクソウがあり、こちらの方がたくさん報告されていますが、一応、ハエドクソウとしておきます。開花時期は7月下旬です。
ハエドクソウ

ハエドクソウ2

 次はサギゴケです。コケではありませんが、地面を覆うように生えます。場所は1街区の周回道路脇です。多年草なので来年も咲くと思います。紫色もあるらしいですが、これは白色でサギそのものです。花の大きさは2cmです。開花時期は5月下旬です。
サギゴケ

サギゴケ2

 次はトキワハゼです。道路の継ぎ目に生えていました。最初、ムラサキゴケだとばかり思っていましたが、花の模様が違いました。一年草なので、来年は見られないかもしれません。花の大きさは8mmです。開花時期は7月下旬です。
トキワハゼ

トキワハゼ2

 最後は、すでに何回かブログで紹介されているミゾホオズキです。上の3種は花の形状が似ているのでなんとなくわかりますが、ミゾホオズキのどこがハエドクソウ科なのかよくわかりません。花の唇状部分の繊毛のつき方なのか、葉のつき方なのか、素人の限界です。一応、開花時期は6月中旬です。
ミゾホオズキ

ミゾホオズキ2

( おまけ )
 さて、先般のブログで課題としたツマグロヒョウモンの写真が早速撮れましたので掲載いたします。一念が通じたのかどうか、我が家の玄関先に現れ、そこかしこに産卵していました。写真は当然メスです。オスには会っていませんが、多分他のヒョウモンチョウと見分けられないでしょう。この蝶の模様はカバマダラという有毒蝶に擬態しているらしいです。羽の白模様のため、飛び方がクルクル回転しているみたいに見えます。
ツマグロヒョウモン♀

ツマグロヒョウモン2

by ごんとうちゃん


同定できた時の嬉しさ、良くわかります。
ツマグロヒョウモンが玄関先にきてくれるなんて、すごい幸運でしたね。きれいな蝶、見たいです。
by pu-

[2020/07/26 22:06] | 未分類
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
倒木
豪雨が続いたため、沼のようになった場所があちこちにあります。そこでは木が根を張れないのでしょう。この木はせせらぎコースの橋の上に倒れ込んでいました。
昨年は神社の横の湿地で大きな白樺が倒れたのですが、根が張っていないのに驚きました。倒れるまで根の様子はわからないので、怖いです。今後雨量が増えるに連れ倒木も増えてくるように思います。

夏の花が咲き始めました。
鮮やかで目立つのは、ホソバノキリンソウです。
ホソバノキリンソウ

どこにでも咲いているのが、キバナノヤマオダマキ。
キバナノヤマオダマキ

萼片が赤茶色のヤマオダマキはここ数年見ませんが、距だけ赤茶色の花がありました。
ヤマオダマキ

ついでに、「ヤマ」の付く花を2つ。
ヤマアジサイ
ヤマアジサイもいろいろな花色がありますが、ここでは白がほとんどだと思います。この蕾の色が可憐です。

ヤマトウバナ
ヤマトウバナ 上の花たちに比べるとぐっと地味ですが、山野草らしくて好きな花です。

さてこれは何だと思いますか?
サラグモの巣
雨上がりの、蜘蛛(多分サラグモ)の網です。よく見る放射状の網と違い、乱れ編みということがわかります。それにしても美しいですね。

by pu-

[2020/07/22 23:29] | 未分類
トラックバック:(0) |